社員の声

ネットワークエンジニア|2017年12月 第二新卒採用

ポリテクセンターのスマート情報システム科で学び、第二新卒採用にて入社。現在は、大手通信事業者のネットワークの運用/監視で活躍中。

Qなぜ、アイティ・イットに入社したのか?

Aポリテクセンターでは、半年間でJavaプログラミングやAndroidアプリ開発、ネットワークの構築の技術を学びました。

就職活動では「プログラマー募集」の求人を数多く見ていましたが、センター内でアイティ・イットの会社説明を聞き、ネットワークの仕事に興味をもちました。職場見学会へ参加したときは雰囲気の良さが印象に残りました。

就職自体が初めてだったので、教育制度の充実したアイティ・イットへ最初に応募しました。内定を受け、すぐに入社を決めました。

Q現在の担当業務の内容は?

Aネットワークの運用/監視を司る部門に配属されて、1年になります。もともとはネットワークのとある1サービスのみを担当していましたが、「マルチスキル化」を目指して別の1サービスの研修を受けて、合わせて2サービスが対応できるようになりました。

最近は、3サービス目の業務スキルを習得すべく頑張っています。

Qアイティ・イットに入社してよかったと思ったことは?

Aチームメンバーに恵まれていて、充実した毎日を送ることができていることですね。

チームの中で私は年下の方ですが、先輩も上司も皆朗らかに接してくれます。飲み会にもたくさん誘ってもらい、コミュニケーションをとっています。

Qどんなところにやりがいを感じていますか?

Aちゃんと業務を遂行できると充実感がありますね。信頼する上司やチームメンバーから「よくやった」と言われると、なおさら嬉しいです。

「チームの役に立ちたい」というのが、私のやる気の源。いずれはリーダやSVのようなポジションで、チームを盛り上げたいなと感じています。

Qこれから入社する方に何かメッセージを

A新人として入ったら、謙虚な姿勢で何でもやったらよいと思います。

私も大失敗したことがありますが、1度失敗しても「次は失敗しないぞ」という前向きさと、謙虚さをもって入社して欲しいですね。

ネットワークエンジニア|2017年5月 新卒採用

産業技術短期大学校で電子技術を学び、新卒採用にて入社。現在は新規ネットワークの開通試験や切り替え、そしてそれらの調整業務などを担当している。

Q入社前に学んでいたことは?

A高校卒業後、実家から近い産業技術短期大学校の電子技術科で電子回路やマイコン制御について2年間学びました。授業のスピードが早く、電子回路作成などの実習ではレポート課題も難しくてすごく苦労しました。 正直に言うと今の業務に必要な通信やネットワークの知識はほとんどありませんでした。

Qアイティ・イットを知ったきっかけは?

A短期大学校では1年生の夏から就職活動が始まります。私も夏休みに企業のインターンシップに行きましたがまだ就職についてのイメージがぼんやりしていました。 特に自分にどんな仕事をするべきなのかが分かりませんでした。

時は過ぎ春になり、いよいよ就職先を決めなければならない時に先生に紹介されたアイティ・イットの会社見学会に参加しました。 そこでとても研修が充実している会社だなと感じました。しっかり教えてくれそうだと思ったのを覚えています。

先生や家族もその考えに賛成してくれてアイティ・イットに応募することに決めました。あまり知識のない私を採用してくれて感謝してます。

Qアイティ・イットに入社してよかったと思ったことは?

A学ぶことは多いと覚悟していましたが、新人研修の課題や指導内容が本当に多くて最初は戸惑いました。 教育担当から細かい指摘を受けて嫌な気持ちになった時もありましたが、私のために、直すべきところをはっきりと言ってもらえて今は良かったと感じています。

それと、仕事の持ち帰りは全くなく残業も少ないので、生活の時間をきちんと確保しながら規則正しい生活ができていることもありがたいですね。プライベートの時間を十分取れるので、オフは友達と出かけたり運動したりして楽しく過ごしています。

Q現在の担当業務の内容は?

A現在、新規ネットワークの開通試験やプラン変更のための様々な調整業務に携わっています。

ネットワーク接続できないなどのトラブルが発生するとイレギュラー対応に追われて大変ですが、上司や同僚に相談しながら頑張っています。

Qこの先の展望は?

Aまだまだネットワークのスキルが足りないのでもっと力を付けて行きたいです。まずは今の業務について何でも説明できるようになりたいですね。

ネットワークエンジニア|2017年4月 中途採用

職業訓練校で情報通信科を修了。入社後は、通信事業者の設備保守を担当し、現在は映像配信サービスの故障対応/監視業務で活躍中。

Qなぜ、アイティ・イットに入社したのか?

A情報通信科で学んでいた時に、先生から紹介されアイティ・イットに関心を持ちました。初夏の校内での会社説明会と、東京本社での見学会を通じて、アイティ・イットに入社すれば日本有数の大規模なネットワークに携わる仕事ができると知り、応募を決めました。

アイティ・イットへ入社=地元大阪を離れることにはなるが、自分が本当にやりたいことができるので迷いはなかったですね。今も後悔はありません。

Q現在の担当業務の内容は?

A入社1年目は、大手通信事業者の通信設備の保守部門へ配属されました。その後、チームを異動になって、今はインターネットサービスプロバイダの映像配信サービスの監視/故障対応を担当しています。

自分自身のタスクをこなしながら、チームメンバーへの仕事の割り振りやアドバイス、各種打ち合わせへの参加など、多忙な毎日です。

Q仕事のどんなところが楽しいですか?

Aチームメンバーへの仕事割り振りを考えたりするのは楽しいですね。メンバーが得意なところ、少し背伸びすれば達成できるタスクを任せ、チーム全体として最高の成果を出そうと苦心しています。それから、プロジェクトマネージャになる上で、個々のメンバーが業務上で困る点をよく理解しておきたいと考えているので、今の業務は良い経験になっています。

Q将来のキャリアプランは?

A何かサービスのプロジェクトマネージャになることが最終目標です。今、担当している仕事も、そのための自己研鑽の機会と思っています。

Qどのような人に向いている仕事ですか?

A様々なポジションがある会社なので、いろいろなタイプの人がいて良いし、キャリアは自分の努力次第だと思います。

人はそれぞれ長所も違い、適するポジションも違います。あえて言えば、やる気を保てる人が望ましいですね。「やる気」の源泉は何でもよいのではないでしょうか。

私自身は、良く言えば「色々なことが平均的にできる」、言い換えれば「スキルに特徴がない」タイプ。私に適したポジションを見据え、これからも上を目指します。

ネットワークエンジニア|2017年4月 新卒採用

産業技術専門校で情報ネットワークを学び、入社に伴い上京。現在はネットワークの設定や開通、廃止業務を行う。入社時はチーム最年少だったが今は後輩育成にも携わる。

Q入社前に学んでいたことは?

A子どものころから手先が器用で工作が好きだったので「ものづくり」に関わるべく高校の電子機械科へ進みました。

卒業後は地元の産業技術専門校の「情報ネットワーク科」へ入り、光ファイバーやLANケーブルなどの配線施工や実機を使ったネットワーク構築の技能を学びました。

Q東京で就職することを決めた理由は?

A学校でアイティ・イットの会社説明会に参加して「将来大手企業への道がある」ということを知り応募しました。とにかく大手企業を希望して就職活動していたのですがあまり良い結果が出ていなかったので、これはチャンスだと思いました。

周りには地元での就職にこだわる同級生もいたけれど、せっかく就職するなら学校で学んだ「通信」を生かした業務をやってみたいと思っていました。東京のこの会社なら通信に関わる色々な仕事を経験できそうだと感じたことも決め手でした。

また、学校の先生から「興味があるなら、勇気をだして一歩を踏み出してみなさい」という助言があり、この気持ちを後押ししてくれました。

今は社員寮でひとり暮らしをしています。実家暮らしと違って何でも自分でやらないといけないから大変ですが、その一方で自由さを満喫しています。

Qアイティ・イットに入社してよかったと思ったことは?

A正しい敬語の使い方や電話応対の仕方、ビジネスマナーなどをしっかり学べたことですね。 学生時代に接客のアルバイトをしていたから見よう見まねで敬語を使っていましたが、きちんと教わることで間違いに気がつき正しい振る舞い方を知ることができました。この時の研修で失敗を重ねながら学んだことが今に繋がっていると感じます。

Q現在の担当業務の内容は?

A大手通信事業者のネットワーク新設や廃止に関わる部門へ配属され、ネットワークの設定や開通、廃止の調整業務を担当しています。

また、チームに入った時は最年少でしたが、今では後輩の育成も任せてもらえています。後輩がオペレーションミスなどをしないように気を配りつつ、優しく接するように心がけてます。

Qこの先の展望は?

Aまずは今の配属先での業務を習熟することをがんばります。そのうち、ネットワーク設計構築などの業務に挑戦できればいいなと思っています。そして、マネージャよりも「技術屋」としてスキルを高めていきたいです。

また、アイティ・イットには実務経験を数年積むことで、通信事業者などのクライアントへ推薦してもらえる仕組みがあるんです。この先頑張って、アイティ・イットからの推薦で大手企業の社員になりたいと考えています。

バイリンガルICT営業事務|2014年7月 新卒採用

アメリカで生まれ育ち、大学院卒業後に新卒採用で入社。現在はグローバルネットワークを利用されているお客様企業のコンシェルジュとしてお客様の立場に立った提案活動に携わる。

Q現在の担当業務の内容は?

Aグローバルネットワークに関するコンシェルジュのような仕事をしています。お客様企業と中長期で関わらせていただくので、しっかり信頼関係を築き、新しいサービスや改善のご提案を差し上げています。もちろんご迷惑をおかけしてお詫びをすることもありますが、その際は更なる改善をご提案し、より信頼していたけるよう尽力しています。

現在、6社を担当していますが、お客様によって求められるものが異なるので、常に臨機応変に対応できるよう心掛けています。

Qアイティ・イットを知ったきっかけは?

A採用説明会のようなキャリア系イベントに行った際です。会場の多くの企業は「留学経験」を採用基準にしていたためか、海外で生まれ育った私はそれだけで条件と合わないと断られ、あまりバックボーンを見てもらえませんでした。

そんな杓子定規な対応に落ち込んでいたとき、アイティ・イットは私の経歴ではなく語学力やバックボーンにきちんと目を向けてくれたのでとても嬉しかったです。また、ブースの方々の雰囲気がとても良かったのもあって、表面だけではない優しさを感じました。

Q実際に入社してよかったことは?

A実際に働き始めてからもその印象は変わらず、社員一人ひとりにしっかり目を向けてくれている会社だと感じています。ケアも細かくしてくれます。改めて振り返ってみると、今でも日本に滞在し続けられているのはアイティ・イットに入社したからかもと思っています。

Q入社後の本社研修はどうでしたか?

Aすごく勉強になりました。社会人としての振る舞いというのをしっかり教えてもらえました。これは貴重な経験だったと思います。クライアントの社員の方に「あなたは随分ちゃんとできているね」と誉められたこともありました。

また、ネットワーク機器の実機を使った研修が良かったですね。現在配属されているプロジェクトには他社からいらしている方もいますが、3~4年携わっている方でも実機を見たり、触れたりしたことがないという話をよく聞きます。そういう意味でも貴重な経験だったんだなと思います。

Q職場環境はどうですか?

Aずばり楽しい職場です。いろんなバックボーンを持った方がいます。日本人の方が多い職場ですがほとんどの方が海外在住経験者です。そのためか、皆コミュニケーションをとるのがとても上手で話をしていてとても楽しいです。

Q今後の展望、将来のキャリアプランは?

Aネットワーク分析のスペシャリストをイメージしています。そのためにまずは知識の向上が必要と感じ、CCNPを勉強しようと思っています。アイティ・イットはスキルアップを前提とした異動にも積極的なので、そういった制度も活用していきたいと考えています。

ネットワークエンジニア|2011年8月 新卒採用

大学卒業後、新卒採用にて入社。大手家電メーカーのサポートセンターに着任。現在はネットワークエンジニアへのキャリアアップを実現し、大手通信事業者のネットワーク保守業務に就いている。

Qアイティ・イットに入社したきっかけは?

A色々な仕事ができると思いました。正社員だと、ひとつの会社でしか経験が積めないですが、契約社員だと、複数のクライアントで技術を身につけることができると思ったからです。

Qアイティ・イットに入社してよかったと思ったことは?

A同期会などさまざまな交流の場で、他の現場の仲間から話を聞くことができることです。それぞれの職場のことを聞く機会があり、色々と学ぶことが多くあります。

また、研修制度が充実していて、イチから学べるということも魅力のひとつです。資格取得だけを目的にせずに、今後の自分にとって役立つことを自分のペースで勉強できる点がとても良いと思います。

Qこの先の展望は?

A正直に言うと迷っています。ネットワーク関連の業務をやっていきたいのはもちろんなのですが、最近は現場のマネジメントにも興味が湧いてきました。ひとつのスキルだけではなく、さまざまな経験を重ねて多岐にわたる業務についていきたいです。

Qこれから入社する方に何かメッセージを

A現時点で多くの経験がなくても、たとえ要領の悪い人でも、アイティ・イットなら大丈夫です。学ぶ姿勢とやる気があれば何でもできます。ガッツのある人に集まってほしいです。

人事・労務|2006年3月 中途採用

前職はコンビニエンスストアの店員。大手ポータルサイトのサポートセンターに着任。リーダー、スーパーバイザー、プロジェクトマネージャと昇格していき現場を任されていた。現在は人事・労務担当として社員のフォローや社会保険や給与計算等の業務を行っている。

Qアイティ・イットに入社したきっかけは?

AもともとIT関連の仕事をしたいと希望していたのですが、高校を出てすぐに家庭の事情でお金が必要になり、アルバイトをしなくてはいけない状況になりました。しばらくはお金を稼ぎながら、独学でITの勉強をしていました。

しかし、アルバイトで働きながら勉強するのは思いのほか効率が悪く、もっときちんとITの勉強をしたいという気持ちになりました。それから改めて仕事を探し始めて、働きながら学べるというアイティ・イットに辿り着きました。

Qどのような職場ですか?

Aコミュニケーションが取りやすく、風通しの良い職場です。業務上の質問や改善案などを遠慮なく相談できます。

Q入社してよかったと思ったことは?

AIT業務の経験がまったくなかったのにIT関連の仕事に携われたことです。そして、社員育成モデルに沿って現場のオペレーション業務からマネジメント業務まで経験できたことです。その結果、現在は人事部門の一員として、社員を支える立場で仕事ができるようになりました。

Q今の仕事のやりがいは?

A人事部門に来る前は、シングルタスクでじっくりと業務をしていましたが、現在はマルチタスクかつ高い精度で業務に臨んでいます。いい意味で責任の重さを感じています。仕事の中でも、現場で働く社員の抱える問題解決に一役買えたことを実感したときにとてもやりがいを感じます。

人事に着任してまもなく、社員の表彰式を任されることになりとてもプレッシャーを感じていましたが、業務を進めるうちに今まで見えなかったところが見えるようになりました。また、その中で人脈を広げることもでき、とても貴重な体験をしました。

Qこれから入社する方に何かメッセージを

A努力しましょう。努力は評価されるとともに、将来のキャリアプランの選択肢が増えるという成果も得られます。

また、教育研修制度をたくさん利用して、将来のキャリアを思い描きながら働きましょう。